S-Triple製作ストーリー

S-Triple Project のスタート

夜間の道路などで、たびたび見かける
ランナーや自転車の事故。
暗い道ではリフレクターだけでは
危険ではないか。
S-Tripleの創業者Gordonさんは、
この問題を考えていました。

そんな中、友人のマラソン選手が練習中に、
交通事故で走れなくなる不運に見舞われます。
夜の交差点。視認性の低い場所での接触事故。

深い悲しみから、突然アイデアが落ちてきて、
このプロジェクトはスタートします。

カルフォルニアのデザインチームと
問題の解決に取り組み、
夜間でも「安全」で「スマート」に「スポーツ」を
楽しめるプロダクトが、S-Tripleシリーズです。

DRLs から着想されたコンセプト

DRLs研究とは?

日中の明るい時間帯においても、あえて前照灯等を点灯して、
対向車や歩行者などに自己の存在をより周知(被視認性を向上)する目的と、
周囲よりも目立っていることを運転者に意識させて事故の発生を抑える目的で研究され、
結果、昼間点灯により、12.4%の事故が改善できることがわかりました。

研究結果から、スウェーデンは1977年に世界で初めて
昼間点灯を義務付けており、
フィンランドも1972年から冬季の田舎道から始まり1997年に
季節を問わず全土で義務付けとなりました。
北欧諸国、カナダなど、高緯度地帯の国々を中心に、
日本よりも早い時期から昼間点灯が行なわれています。

S-Tripleとリフレクターの違い

世界中の人々に愛される製品へ

アメリカやヨーロッパ、日本で
特許を受けた安全なテクノロジーは
先進的な警告灯としての可視性を提供します。
アウトドアスポーツで、
あなたの背後からの安全を
最大限に守るために。
解剖学に基づいて形作られたデザインは、
利用者に特別な経験を与えます。